FC2ブログ

紀州釣り

2015年5月3・4日

 ←燻銀釣友会団子釣り競技会 4月/2015 →燻銀釣友会団子釣り競技会GW/2015
カレンダー通りのGWで3・4日と三重県へ釣行

3日 目的の漁港へam:3:00に到着
この漁港の波止場内向きに養殖筏前が今日のポイントや
えっ 工事中
なんじゃ 工事中やし 波止場へは行けないし
しかも 波止場をかさ上げしてる この高さになると
ここでの釣りは無理かも
仕方ないので 前回釣行した ちぬじじいさんと一緒になった波止場へ
あかん さすがGWや すでに一番ポイントは団子師さんが
この場所もあきらめ他をあたることに
GW初日なのに なんか最悪の雰囲気
以前覗いた波止場を おっ ここは誰も居ないし
波止場の先端に釣り座を構える 
のちに イカ屋さんの方々が 
えっ 一人で竿を3~4本も出し アジを泳がせる
鯵のついたラインが私の前へ
これでは団子が投げれない
当人は竿をほったらかしのまま カップラーメンを作り食べてる
わざと私の前のラインに団子を投げて あじを釣り上げて
「すいません 引っかけました 申し訳ないです」
と 声を掛けてみる
無言でアジを確認し また投げる イカ屋さん
最悪や このイカ屋さん
後に またアジを掛けてしまう
「すみません」
イアヤな顔をして アジを確認しまた投げる
とどやんがキレた~~~~。
「ええ加減にしろや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ここからは想像におまかせ


このように ブログにヤエン釣りを批判すると
紀州釣りは海を埋める気かとか批判コメントが

狭い波止場に竿を3~4本出すって どう思いますか
しかも 先着してたのは 私です
アジを泳がせて 竿はほったらかし
声を掛けても 無言 
あかん 集中できへん

最悪なGW初日 

気分を変えたいので 納竿し 場所移動
260号線を東に向かい
走行途中に 海に目をやると 1人の釣り師が団子を投げていた
入口がわからずうろうろし ここが入口か????
工事車両以外 立ち入り禁止の看板が
車を止めて 歩いて釣り師のもとへ
「すみません 釣れますか?」=「釣れません」
「ここの水深は?」=「竿1本くらい」
「入口はどこ?工事車両以外立ち入り禁止の看板が」
=「あっそこは工事車両の入り口で 向こうから入れるよ」
「おっなるほど 向こうには入口には看板がありません」
「大丈夫ですか ここで釣りをしても」=「大丈夫 工事はもう終わってるし」
「ここは地元の釣り場なので内緒にしてや」=「わかりました」
「隣で竿を出していいですか」=「遠投するなら向こうがいいよ」

落ち着いて竿を出せる場所です 3方向が山で入江になっており
波も無い いい場所を見つけました」
すごく落ち着ける場所 釣果も落ち着いてますが
この日で10連敗

4日目 GW二日目
落ち着ける場所を探し 前日はpm:16:00に引き上げ
うろうろと釣り場を探す

いいところ また見つけた 
でも イカ屋さんでいっぱいやな
声を掛けてみる「隣で団子いいですか」
「いいよ 竿1本直そうか」
「大丈夫ですよ この距離だと大丈夫です」
ちゃんと話せばわかるよね

朝 隣の漁港へトイレに
おっ トイレの掃除をしている叔母様が
「トイレ借ります いいですか」
=「今から男トイレ 掃除するから少し待ってて」
「えっ マジ? 待てませんよ お尻の出口 そばまで来てます ウンチョス」
=「女子トイレ 掃除終わってるし 私が見張っとくわ」
「じゃぁ 失礼します 女子トイレへ」
「なんか 見張られると ウンチョスの出が悪いし」
とりあえず 1回の表は終わり 
掃除が終わるのを待って 1回の裏の攻撃
男子トイレへ コールド勝ちでスッキリ

おっ干潮やのに 竿3本や かなり深い 近投すると竿2本
距離感が難しい とりあえず竿3本で遠投する
毎回 エサは無くなるし ワクワク ドキドキ
ウキがスッパッと消えた 
いい感じの竿の曲がり 
久しぶりこの感じ 連敗 脱出 か?
リールを巻く おっ いきなり重くなった
えっ この感じなら年なしも
ジワジワジワ えっ 何かを引っ張ってる
切れた しかも道糸で切れた
「そこは ロープか網が入ってるよ」=地元の人
「15m付近の段差にロープかまたは石の崩れ留めの網がある
引き揚げ時に石の間に入ると必ず切れるよ」
しばらくして 木端グレ10匹 メバル2匹 ガシラ2匹
小さい魚は上がってくる
夕方 満潮時は潮の流れもあり 竿4本分
投げるのに苦労する
ウキ留めを竿4本分出して団子を投げると
ウキが道糸に絡んだり 大変だ
四苦八苦しながら釣りをしてると
ウキが立ち 一気にウキが消えた
いい咸じの重量感だったが 案の定いきなり重たくなり切れた
魚が大きくなると必ずロープに掛かる
これで11連敗

しばらくすると 一人の気品ある初老の女性が
「大阪から来てるの 南港だと毎年3万匹のチヌ稚魚を放流しているし
南港で落とし込みで釣れるよ」
「ここは イカ釣りが多く 団子する人はいませんよ」
「でも ここは穴場やで ちぬは居るからね」
「イカ釣りが多く ちぬ釣人は来ない場所だけど釣れると大きいよ」
「もう少し向こうがいいね」
「いい場所を見つけましたね 明日も頑張るの」
====「今日帰ります」 
「私は明日ちぬを狙います」ってどこかへ行きました






スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 紀州釣り
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 工房
もくじ  3kaku_s_L.png SHOP
もくじ  3kaku_s_L.png 釣り仲間
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2016
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2015
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2014
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2013
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2012
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

お疲れ様です 

とどやんさん

連休、連続釣行、
釣り人一杯で、かなりご苦労されたようで
誠にお疲れ様です

しかし、
南伊勢方面で
良い釣り場を多く発掘されたようで
次に活きそう(^^)v

NoTitle 

お疲れ様です。
釣り場探索苦労されていますね。
季節が進めば探索の成果が発揮されるはず。

釣り場でのマナー、あれはもう教育の問題。
ちゃんと教えてもらえずに大人になったらもうダメ。
マナーを教えてもらってない→釣り方も教えてもらってない→結果、釣れない。
(口が過ぎましたらご勘弁を)

こんばんは。 

 流石にとどやんさん、優しいですね。

 私なら積極的に餌の鯵を釣り、もっと積極的にラインをたぐり・・・カット!
ただし一回目はとどやんさんと同じですヨ。

 若狭でも大概のヤエン師は後日の方と同様に遠慮して下さりますし、竿の数を減らしてくださいます。

 せっかく遊びに来ているのに戦闘モードにはなりたくありませんもんね。

 お互いに釣りをせんとや遊び来ぬ!楽しまんとや釣りに来ぬ。ですもんね。



NoTitle 

だんごおとんさんへ
三重もいい釣り場がいっぱいで
当分 通いそうです 
夏の三重もたのしみです

アール@グレイさんへ
釣りマナーも難しいよな
愉しく釣りができないと その場所もイヤになりますね

ねこさんへ
そうでもないですよ 最初に注意しとけば
そこまで近づくとアジが掛かるよと注意しとけば
良かったのでは思います 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【燻銀釣友会団子釣り競技会 4月/2015】へ
  • 【燻銀釣友会団子釣り競技会GW/2015】へ