FC2ブログ

紀州釣り

考え事

 ←2013年12月1日 →2013年12月21日
ふと あちらこちらのブログを覗いてると 
ちぬの習性からこのようなことが書かれていました

ちぬの台所とちぬの遊び場

台所
人間もそうですが・・・朝、昼、晩と食事をします。
チヌも決まった時間(潮時)に食事を決まった場所でするようです。
それは、寝床と同じ場所ではない場所で食事をするようです。
ということは・・・ある程度移動してきてから捕食する行動パターンを取るということです

「上り潮で釣れる」とか「下りでここは釣れる」という場所が台所になります。


遊び場
チヌも人間と一緒で遊びます。魚のなかでも結構好奇心が強い魚であると思います。
甘く動きのあるようなものを進んで口にします
口に一度入れて吐き出すというな行動もとるといわれています。
釣好師は、これら一連の行動を「遊び」としています

チヌ釣りをしていて、なんでこんなところで掛かるの??って思ったことがなんどかあります。
それは、エサやゴミが集まる場所であり、好奇心旺盛なチヌが寄ってくる場所なんですね。
濁りが入り、警戒心が薄れ・・・もともと好奇心旺盛なチヌはドンドン口に入れます(と思っています)

このことから 最近思うに 

紀州釣りはチヌの台所を釣る方法?

フカセや落とし込みはチヌの遊び場を釣る方法?

筏釣はその両方を備えているのか?

この前、筏師のラモさんと南紀に釣りに行ったとき

12月1日 9:00干潮で9:00前に1匹釣りました

その後 潮が上げに入ると まったくアタリがありません

1匹釣ってから6時間15:00に満潮ですが アタリが無い

フカセ釣りの方が14:00頃に来られ 少し離れた場所で

15:00頃にチヌを釣り上げていました フカセにはアタリが頻繁にあり

グレやエサ取りも含めチヌもGet

私たちのウキはピクリとも動きません

11月22日には 9:00の満潮から下げに入った時に32.0㎝を

その後アタリが無く15:00干潮前に
(46.0 51.0 54.0 51.5)ビッグ釣果

私の横でフカセをしている方は今までコッパグレを1日中釣り上げてましたが
私が釣っている時間帯はほとんど竿を曲げていませんでした

このことから 紀州釣りはちぬの台所を攻める釣りと確信したのです

私はフカセ釣り落とし込み釣りをしませんので
この2点については何もコメントができませんが
落とし込みはチヌの遊び場を攻める方法だと

筏釣り(短竿)では(私的釣法)ですが
まず朝一番は モーニングと言われる
仕掛けに錘を着け団子を握らず
エサと錘の重さのみで落としていきます
これはいわゆる落とし込みです(チヌの遊び場)
次に団子を握り 底を釣る方法に(チヌの台所)
底を釣る方法でアタリが無くなると
今度は団子を握っても 水深の途中で団子を切ります
その後 エサだけをゆっくりと底に落としていきます(チヌの遊び場)
これが1日のパターンかな
朝は遊び場を 昼は台所を 夕方は遊び場を
遊び場で釣れるときは底にエサが着くまでにアタリがあります

で 考え事ですが 紀州釣りで筏釣のようにできないのかな

できること???って考え中

紀州つり仕掛けは完全フカセがセオリーだが 

団子が割れてエサが出る そのあとは潮任せに

誘いが掛け辛い なので 這わせることを試すが

竿で誘いを掛けるとエサが浮いたのでは???なんて思う

そこで、最近は環付きの円錐ウキ(2B 3B)を活用してます

これだと寝ウキと違いハリスに錘を打つことができ

竿で誘いを掛けても 徐々に錘でエサは落ちていきます

これが チヌは甘く動きのあるようなもの進んで口にします

このことが紀州釣りでの遊び場の釣り方ではないかと思うように







 
スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 紀州釣り
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 工房
もくじ  3kaku_s_L.png SHOP
もくじ  3kaku_s_L.png 釣り仲間
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2016
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2015
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2014
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2013
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2012
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
2013年12月1日 ←2013年12月1日    →2013年12月21日 2013年12月21日

~ Comment ~

No title 

あくまで個人的な考えです。

適当にスル―して下さい。

自分は紀州釣りは底潮の温度の影響を受ける釣りだと思ってます。
夏場、海水浴をしていると底潮が急に温かくなったり冷たくなったりしますね。
そんな時、チヌは浮いたり底にいたりしていると考えてます。
同じ釣り場で時間帯でフカセで釣れたり紀州釣りで釣れたりするのはその影響もあると思います。
紀州釣りで良く言われる魚が「ボケる」というは集魚を濃くし過ぎたりとか団子の入れ過ぎよりも底潮の温度の影響でチヌのいる層や喰い気が変わるのが原因だと思います。
チヌは基本底にいる魚ですが表層、中層、底の水温の差があると浮いたり沈んだりしているのでは?と思ってます。

エサ取りからサシエを守る紀州釣り、全層狙えるフカセ釣り、その両方を兼ね備えている筏釣り、それぞれ長所がありそれぞれの釣趣が有りますね。自分は筏はやった事有りませんが。(爆)

今年も残り少なくなりました。お互い頑張って有終の美を飾りましょう!




大臣さんへ 

なるほど 海水温の変化ですね
確かに海水温度の変化で チヌの居る場所が
変わるのかも
同じ漁港にて フカセで釣れる時間 団子で釣れる時間
居場所が変わると考えるのはやっぱり潮の加減ですね
いろいろと勉強になります
また いろいろと教えてください。

初めまして とどやんさん 

chobiと言います。
いつも、楽しく拝見させていただいてます。

今回、チヌの台所、遊び場と寝床には
なるほど と共感しました。
これで私には爆釣が無い理由が少し解ったような。

ここからは個人的な妄想ですが、
あと一つ加えるなら
これらの場所を結ぶ
チヌの道があるように思ってます。
通り道で釣れるつまみ食いのチヌは気まぐれです。
なので単発!

私はいつも道で釣っているのです。
なので爆釣無しなんです。

次回は、美味しそうな匂いのする台所を鼻で感じて釣って見たいと思います

奇襲釣りでのクジラの釣果も楽しみにしてます。

いきなり長々のコメントで
失礼しました。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【2013年12月1日】へ
  • 【2013年12月21日】へ