FC2ブログ

紀州釣り

2013年11月22・23日

 ←2013年11月17日 →2013年11月26日
サナギの凄さ

先週からサナギでの釣りに 不思議とこだわりだした

サナギを使うのは夏場だと勝手に決めつけていたのでは

ラモが「越冬前にはタンパク質をいっぱい取って冬を乗り切らないと」

だから「サナギのタンパク質と脂肪分が必要だと」

変則な連休で 22.23日と大阪から車で4時間のお気に入りの場所へ釣行した

エサは、オキアミ 丸エビ 磯エビ サナギ 激荒サナギ

団子の配合は お決まりの 糠 砂 押し麦 粗挽きサナギ アミエビ

22日 さすがに平日だし釣り人は私一人

朝からオキアミは瞬殺 エサ取りはハゲと厄介な磯ベラ キューセン キタマクラ

さすがにコノエサ取りだとウキに変化はない

丸エビ 磯エビを着けると フグとヘダイが相手してくれる

多分 エサ持ちがいいのだろう

前回に釣行したときに 干潮前に釣果を出したのは

本日の干潮は14:09だ 11:00頃からが勝負だな

10:00頃から団子のアンコに激荒サナギを使う

エサはオキアミ 丸エビ 磯エビ サナギのローテーション

相変わらず オキアミ瞬殺 丸エビ磯エビにはヘダイ サナギは丸残り

サナギにはキズ1つ無い お昼のサイレンが鳴った

12:00だ オキアミと丸エビ磯エビが丸残りなりだした

海面も穏やか潮も本当にゆっくりと左右へ流れる

サナギをハサミで半分に切り 切ったサナギを針に4個ほど着ける

激荒サナギと同化させてみる そうするとサナギが無くなり出した

次にサナギの1個掛けをする もちろんサナギの下はハサミでカットする

カットすることで針を刺した部分から海水を含み 

含んだ海水をサナギの下からエキスとして流出る あくまでもイメージ

ウキに変化は無いのだが サナギが半分になって上がって来る

1mほど這わせた仕掛けをトントンにしてみる

そうすると 団子が割れて 寝ウキが45度傾いた

合わせるがサナギが半分にて戻ってくる

針のチモトへBがん玉を打つ なんでがん玉???

ウキが45度になって サナギ半分で喰うのをやめてるみたいな

がん玉を打つことで ウキが45度からの誘いだ

サナギは軽いエサなので がん玉を打ち 誘ったあともエサが落ちて行く

寝ウキが45度のあと また横ばいになった時 竿持ち上げ50㎝ほど

誘いをかけてみる 寝ウキが方向を変えて エサが落ちて行くと同時に

寝ウキの方向が戻ると同時に再び 45度傾いた

やっとの思いで 13:30頃
20131123taiji370.jpg
37.0㎝

合わせた時に道糸が竿先に絡み 竿先は折れなかったものの

仕掛けを作り直し 再会した時には サナギも丸残り

その後 日暮れまで頑張るも アタリは無し

夕食を取り 一人反省会 

場所を変えるか? 風予報もどこへ行っても 北西4mのち南東2m

で、同場所にて明日も 移動が面倒臭かったのだ

なので何か作戦はあるのか・・・・・・・?

作戦① サナギの選択 
    海水に付け 浮いたサナギは取り除く
    取り除いたサナギはハサミでカットし激荒サナギに混ぜる

作戦② 激荒サナギの固さ
    使っていると少しパサつきが気になったので
    海水を少し含ませコネコネ 粘りを出した

作戦③ 粗挽きサナギ
    粗挽きサナギに海水をヒタヒタに入れて
    シェイクシェイク 一晩漬けて置く
    乾燥サナギがウエットに ほんでもって 匂いが倍層
    「匂いでチヌを寄せてやる」

作戦④ オキアミ 丸エビ 封印 付けエサ サナギのみ

23日 朝からアタリの出ないウキと睨めっこ

本日の干潮は 14:51で 13:00頃からが勝負

サナギオンリー作戦 さすがに オキアミ付ける???

あかんて サナギオンリーや

サナギが丸残り 時折 サナギに穴が開く程度

あ~~~~暇 ひま ヒマ タバコの本数が増えるのみ

しかし しっかりと団子は打つ 激荒サナギをアンコにして

地合いが来て チヌが寄ったら どのように留めるか

12:30頃に初めてのアタリ おっ彼岸フグ(赤目フグ)

しかも30㎝位とデカイ

本日の仕掛けは 円錐ウキ(カン付)3Bに針の結び目にBのがん玉を打ち

ウキ下はほんの少し底を切るぐらい 穏やかだからできる技

団子底着でウキが海面から5㎝位沈む ひたすらウキ止めを調整

団子が割れるとウキの頭が出る この時に道糸を出し流す

彼岸フグがスタートのホイッスルか

13:00頃に
20131123taiji325.jpg
32.5㎝

その後 アタリが無くなった 今日もこれまでか

でも サナギオオリーでチヌを釣り上げた

アンコ団子の空打ちを チヌが寄ってるはず

地合いが来ないから食い気が無いだけ 

打つ 打つ 打つ 

きた~~~

14:00頃 何とか40㎝UPの引きや
20131123taiji460.jpg
20131123taiji4601.jpg
46.0㎝

団子が割れ アタリが無いと誘いをかける

きた~~~~
20131123taiji510.jpg
20131123taiji5101.jpg
年無しGet51.0㎝

今年 2匹目

あっりゃりゃ~~~

ストリンガーに付ける時に 暴れてフックが外れた 2.3回跳ねて海へ戻りました

残念だがや~~~

ハリスを点検 念のため針を結び直し

久しぶりの 年無しGetから 心臓のバクバクを押さえ3投目

ガッツ~~ン えっボラか?

そんなことは無い無い 絶対にチヌや


底を這うように

合わせて魚が走った瞬間はレバーブレーキを使って

竿で溜めて 巻いて 巻いて 溜めて 溜めて

あかん チヌと違うか???

竿2本分前で魚が浮いた でも 姿は見えない

高場の波止場から 子供たちが 

チヌやで 大きいで

その瞬間 魚はまた底へ 竿で溜める 

がまかつ チヌ競技スペシャルⅢ 06-500 が悲鳴を上げそう

子供のラインにどうも掛かったみたい

竿を持ちリールを巻こうとする子供

「巻くな 巻くな 糸を出せ リールをフリーにしろ」

その声で みんなが私の後ろへ集まった

で 上がってきたのが
20131123taiji540_20131124090328a3f.jpg
20131123taiji5401.jpg
54.0㎝ 1日で年無し2匹

ハリスがカールし切れそうな状態で何とか 

子供がリールを巻いてたら切れていたでしょう

手が震える中 ハリス 針をやり直し

とりあえず 3個ほど空団子を打ち いっぷく うまい タバコがうまい

とりあえず 舞鶴のラモ 岩にゃんに電話にて報告し

「今日はいい日や 本当にいい日や」

「自己記録の54.0㎝はもちろん魚拓に 持ち帰り美味しくいただくよ」

余韻に浸りながら 震える手で杓を持ち 団子投入

「今日は満足やな いい夫婦の日に釣りへ行けたこと ありがとう」

「なんて いい夫婦の日なんて 完全に忘れてたし」

で 団子が割れウキが出た んっ?んっ? 海中に入ったまま止まってる

おりゃ~~っ ガッツ~ン~~

20131123taiji515.jpg
20131123taiji5151.jpg
51.5㎝

1日で年無し3枚はできすぎや

サナギオンリー作戦 成功や
20131123taiji.jpg
54.0㎝ 51.5㎝ 46.0㎝
51.0㎝が逃げたのは残念ですが 46.0㎝が小さく見える

平成18年11月20日 50.5㎝
平成25年2月9日   51.0㎝
平成25年11月23日 51.0㎝ 51.5㎝ 54.0㎝

紀州釣り歴 8年にて5枚の年無し 
考えると腕より地力が年無しGetを左右するような






















スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 紀州釣り
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 工房
もくじ  3kaku_s_L.png SHOP
もくじ  3kaku_s_L.png 釣り仲間
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2016
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2015
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2014
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2013
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2012
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
2013年11月17日 ←2013年11月17日    →2013年11月26日 2013年11月26日

~ Comment ~

紀州で~ 

とどやんさん!

お見事!! 

流石!!

文さんへ 

その一言 

ありがたく頂戴いたします。

おめでとうございます 

一日で年無し3匹なんてすごい!

なんぼ腕があってもどうしようもないめぐり合わせ。

とどやんさんの粘り勝ちですね。





 

1日に3匹はすごい!のひと言。
サナギだけで粘れる信念に脱帽。
記録更新もおめでとうございます。
4時間かけて行ったかいがありましたね。

No title 

年無し連発、おめでとうございます。
一日で3枚なんて・・・・・もう神がかってますね\(◎o◎)/!
しかも、大好きなサナギで仕留められるなんて、羨ましい限りです。
私は、サナギで撃沈でしたから(>_<)。
この流れで、これからも“爆”、お願い致します。

No title 

これだけデカイと顔黒~!初めて見ました54センチ。


凄すぎです。参りました。


おめでとうございます!

No title 

とどやんさん


こんばんわです



で、





なんなんですか?



この釣果わ!



いいなぁ~いいなぁ~


さすがです!


としかいいようが有りません


でも、つれる時ってこんな感じなんでしょうねぇ~



とまも、がんばって 年無し 釣りたいです



それでは、来週も 良い釣果を!

 

釣行お疲れ様でした。
っていうか凄すぎでしょ〜。
羨ましい限りです。
僕も次はサナギで頑張ってみようかな〜。

ワォ! 

 三ヶ月に三枚も難しいのに、一日三枚は反則ですやん(祝)。

サナギオンリーの粘りと片道四時間以上の頑張りの甲斐有り!ですね。

おめでとうございます。

グレイさんへ 

そう 信念です

グレイさんも同場所にて年無し3匹を
釣り上げていますね 日付は違うけど

私も2月に年無しを釣り上げた場所にて
落ちチヌを攻めてみました
その結果が\(◎o◎)/!です
ただ少し場所を観察し動きましたが

トトダンゴさんへ 

サナギの凄さを知りました
まぐれの3匹です
ただ場所選びは真剣に行いました
チヌの台所を探したのです
ランカーチヌを釣るために
1つの漁港の中に
チヌの台所 チヌの遊び場があるそうです

ちぬちゃりこさんへ 

ありがとうございます

いいところですね

いっぱいチヌが釣れそうなところがあります

磯ではなく波止場で

これで この場所でチヌのお食事タイムが解りました

とまたろうさんへ 

ありがとうございます

あれ?とまたろうさん 

連休に行こうか?なんて誘わなかったかな?

和歌山南紀は地力が違う

年無しでもきれいな魚体でしょう

地元の人たちは55.0~年無しかなって

奈良だんごさんへ 

サナギでの釣りは辛いよ

まったくアタリが無いしね

でも ウキに変化があった時

その うれしさは格別だ

ねこさんへ 

ワォ!

本人も\(◎o◎)/!

この日22日は 高速が工事にて通行止め

和歌山市からひたすら下道で

約6時間の道のりでした

この執念が年無しを呼びました

馬鹿な団子師です

てるさんへ 

腕は2本 指10本です

てるさんと同じだよ

違うのは チヌを愛する気持ち

巡り合わせは運だよね

運は呼び込むものだなんて

カッコはつけませんが

信念がそうさせたのかも

No title 

お疲れさまでした。
それにしても一日で年無し3枚なんて凄すぎです。
激荒良いですよね。「活丸さなぎ」使ってますか?
激荒と同じサナギだそうです。
自分では過去最高のサナギだと思います。
激荒のコーンだけもあるといいですね。(笑)

http://www.marukyu.com/marukyu/esa_sanagi/sanagi.html

大臣さんへ 

もちろん 活丸サナギで釣りましたよ
固さや匂い漬け込みがいいね
他のサナギと違って浮くサナギも少ないし
巡り合わせが良かった
たまたま 型揃いの群れが
お隣の人が\(◎o◎)/!してました
1匹たりとも外道(エサ取り)を釣らなかったから
アタリはすべてチヌ 
粗挽きサナギ 活サナギミンチ激荒 活丸サナギに乾杯
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【2013年11月17日】へ
  • 【2013年11月26日】へ