FC2ブログ

紀州釣り

2013年 GW

 ←2013 TodoyanCup April MVP →2013 TodoyaCupGW MVP
やっとの思いで

3月5日から6連敗中 4月ボーズにて

GW突入し 4月28/29日 淡路島へ釣行

28日はアール@グレイさんと

期待に胸を膨らませ am7:00の1番船にて沼島へ

2013nisuma2.jpg
海草 ホンダワラも生息し ノッコミには最高の場所

水深も竿2本といい感じ

2013nusima1.jpg
ウキを見つめる アール@グレイさん

この日は チヌには巡り逢えず イソベラの猛攻で終了

ここで、グレイさんとはお別れし

29日 場所を移動し 車中泊

朝焼けを正面に 短竿にて勝負だ
2013yura.jpg
ここの波止場は柱の上にコンクリートが乗っている状態で

波止場の下は通通にて その陰にチヌが

チヌが? チヌが? チヌはいません

昨年の夏場には爆釣したことも 少し早いのか

3月16/17日 4月14/21/28/29日 6連敗決定

上記 2場所は夏にリベンジを誓う?

でも、沼島は朝夕の地合いが釣ることができないのが残念

一番船はam7:00だし 帰りは18:00だし 

ココは、テントを持って1泊しないと

5月3日 

4月ボースが決定し GW中盤を迎え 釣行場所に悩む

でも、結局 淡路島へ

2日の晩 早めに出発し 何とか1番ポイントを確保

夜明けと同時に団子を打つも2時間ほどチヌの気配は無し

オキアミはエサ取りにて瞬殺されるも ボケにするとフグの餌食

やっぱりチヌは産休だろう 

そんなことを思いながら 団子を投入する

ボラが団子にアタリ 団子が割れると ウキに変化なしの状態で

オキアミが取られる

なんとなく海面がざわぁ~ざわぁと

アレ 団子にボラが当たらんで 団子が割れ 寝ウキが右へ流れ出した

その時、寝ウキ立ち すぐに寝た 潮は右へ 寝ウキがシモった

道糸は張ってない なんじゃ 寝ウキがゆっくりと入って行く

根掛かりを思わせるような感じで、思い切って合わせる

20130503jyanohire460.jpg
46.0㎝ 7連敗脱出

ここは、むやみに団子を打たず

団子に水分を含ませ できるだけ小さく小さく握る

団子でボラの復帰を避けるために エサが底に届けばいい

寝ウキから円錐ウキに交換し ウキの頭が海面ぎりぎりに

磯グレを釣ってるように ハリスにBのがん玉を打ち 環付円錐ウキB

途中で団子が割れてもエサは底へ 波をかぶってもウキは水中にある

その中 ウキの朱が海面からゆっくりと消えた

20130503jyanohire470.jpg
47.0㎝

その直後
20130503jyanohire410.jpg

これを境に ボラが戻って来た

団子を投げると ウキを中心に渦を巻くくらいに 

しっかりと ボケ オキアミを口に入れる

波止場にはファミリーが子供がいっぱい

ボラを掛けるたびにギャラリーが

竿・リールを安物に交換し ボラを掛けると 子供に竿を渡し

魚の引き味を「竿を立てて リール巻いて 竿を離すなよ」

もう「きゃ~きゃ~」いつの間にか3/4人で順番ができていた

その中 一人の男性が 多分3/4人の子供の父親だろう

「すみません 私も持たしてもらえませんか」

ボラはすでにダブルツッ抜け 夕方を迎え

子供たちにチヌを見せ おすそ分け 

道具を片付け 親御さんに「お疲れさま」とあいさつすると

後から子供たちが追いかけてきて

「ボラのおっちゃん ありがとう」「ボラのおっちゃん またね」

車中泊し4月4日 また懲りず 短竿勝負の波止場へ

この日は朝からエサも取られない状況 

海はスケスケ 底まで見える状態 4時間位頑張ったところで

ギブアップ 場所移動

以前から気になっていた 淡路島生穂へ 

しかしここもスケスケ底が見える 

とりあえず竿をだしたものの 水深5mと浅く

釣れるのはフグばかり 2時間で終了し 帰宅

5日は、短竿作りに専念し
20130507sao.jpg
20130506sao1.jpg
20130506sao2.jpg
まだ 完成じゃないけどね

その日の晩に そわそわ もじもじ 

嫁「釣り行きたいんやろ いてら」

で 

5月6日 この間 「ボラのおっちゃん」と言われた場所へ

この日は 朝からボラの渦 

さすが「**のおっ**ん」

のらりくらりと団子を投げるが相変わらずボラの渦

しかしその中で発見した オキアミだとボラが咥えるが

アケミ貝(半貝)だとボラは団子を割るのみ アケミを咥えない

そのことに気づいたのが17:00やし

ここで円錐ウキをセット アケミ貝だとエサが重いのでがん玉なしで

日が沈むのと競争の中 朱が海面から消えた
20130506jyanohire395.jpg
39.5㎝

山陰に日が落ち 何とか ウキが見える状態で
20130506jyanohire340.jpg
34.0キチヌ

釣り三昧のGWを満喫しましたよ 嫁に感謝です。

今回 感じたこと 

釣れる釣れないはエサにあらず 潮の変化をよむ

どうしても エサやエサ取りの回避を考えがちだが

チヌがエサを捕食する潮時がある

これを感じる為に 海の状況を絶えず観察

ここに勝機あり 

なんて、カッコ良すぎやん 

釣れるときは釣れるし 釣れん時は釣れん

「ボーズが怖くてチヌ釣りできるか 足を運ぶのみ」












スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 紀州釣り
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 工房
もくじ  3kaku_s_L.png SHOP
もくじ  3kaku_s_L.png 釣り仲間
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2016
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2015
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2014
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2013
もくじ  3kaku_s_L.png TodoyanCup2012
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【2013 TodoyanCup April MVP】へ
  • 【2013 TodoyaCupGW MVP】へ